カテゴリー
美味しいこと

鎌倉かつ亭あら珠総本店に行く

とんかつが好きです。豚の脂の甘み、サクサクとした衣の食感。食せばたちまちパワーが回復します。最近はヒレカツ派ですが、初めてのお店ではロースカツです。

見よ、この美しき断面を。

鎌倉駅前の良心的なとんかつ屋

JR横須賀線、江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩2分程。若宮大路に面したところに「鎌倉かつ亭あら珠総本店」はあります。

蔵造りの店内は2階席もあり広々。1階は揚げ場を取り囲むようにカウンター席が配されており、次から次へと揚げ物が仕上がっていくのが見えます。

揚げ場をカウンターが取り囲みます。

各種定食は1,000円台がボリュームゾーンで、観光地でありながら良心的な価格設定です。平日正午前に訪問したところ1,2分の待ち時間で席に通されました。

岩塩、辛子、醤油、ソース、ブラッドオレンジドレッシング、香味野菜ドレッシング。

那須高原豚ロースかつ定食を食す

銘柄豚として総州三元豚「白王」と那須高原豚の取り扱いが、またリーズナブルなカナダ産特選三元豚の設定もあります。今回は那須高原豚ロースかつ定食(中140g)1,650円をいただくことにしました。

まず出てきたのは漬物、キャベツ、胡麻。キャベツにはブラッドオレンジのドレッシングまたは香味野菜のドレッシングを合わせます。ブラッドオレンジのドレッシングは美味しいと特に評判で楽しみにしていましたが、その通りでした。香味野菜のドレッシングもキャベツによく合います。ノンオイルということで罪悪感もありません。胡麻は白ごまと黒ごまのミックス。すり鉢で擦ってトマトベースのソースを注ぎ、とんかつの到着を待ちます。

キャベツが瑞々しくて美味しい。

那須高原豚の場合、リブロースかつにすると大240gの設定がありますが、ロースかつは大きくても中140gの設定までなので、特に厚みはありません。12mm程度でしょうか。お肉はとても柔らかく、簡単に噛み切れます。脂身は適度に残され、甘みを感じます。衣は軽やかでサクサク感が秀逸。しっかり香ばしいのですが、刺さる感じはありません。岩塩も置かれていますが、このタイプの衣にはソースがよく合います。そしてご飯がよく進みます。京都三条本店の名代とんかつかつくらと近い印象です。

味噌汁はシジミの赤出汁。ご飯は魚沼産コシヒカリ。とんかつ皿にも辛子が。

メニュー

鎌倉総本店以外にも、みなとみらい、新横浜、小田原や茅ヶ崎などにもお店を構えているようです。

(一部抜粋)

  • 総州三元豚「白王」ロースかつ定食      2,068円
  •          リブロースかつ定食    2,816円
  • 那須高原豚  ヒレかつ定食(小80g)    1,320円
  •        ヒレかつ定食(中120g)    1,650円
  •        ヒレかつ定食(大160g)    2,013円
  •        ロースかつ定食(小100g)   1,320円
  •        ロースかつ定食(中140g)   1,650円
  •        リブロースかつ定食(180g)  1,958円
  •        リブロースかつ定食(240g)  2,629円
  • カナダ産特選三元豚 ヒレかつ定食(小80g) 1,155円
  •           ヒレかつ定食(中120g)1,496円
  •           ロースかつ定食(150g)1,496円
蔵造りのお店は夫婦饅頭屋をレノベーションしたものだとか。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   鎌倉かつ亭 あら珠 総本店
  • アクセス 鎌倉駅から徒歩2分
  • 住所   神奈川県鎌倉市小町1−5−24
  • 電話番号 0467-53-7131
  • 営業時間 ランチ 11:00~16:00
  •      ディナー16:00〜22:00
  • 定休日  年中無休
カテゴリー
車のこと

ベンツリモコンキーの電池交換

ベンツのリモコンキー(Aタイプ)の電池交換の方法をご紹介します。

W205に付属するリモコンキー。こちらのタイプの電池交換方法をご案内します。
ディーラーで頼むと1,056円ですが、自分で交換すれば200円程度で済みます。
電池はCR2025を使います。
黄色い矢印の部分をスライドし、内蔵の鍵を引き出します。
引き出した鍵を使って水色の矢印方向に押すと蓋が浮き上がります。
水色の矢印の側に指の爪を引っ掛けて電池を取り外します。
新しい電池を入れて蓋や鍵を戻しましょう。
公式の電池交換動画です。

アマゾンではCR2025が格安で購入できます。リモコンキーは2個ありますし、電池も1年程度で交換になることが多いので、このくらいの価格だと良いですね。

カテゴリー
美味しいこと

大宮カリカキッチンに行く

インド料理店が好きです。ナンのほのかな甘みが心地よいです。

オリジナルインド料理かインド風居酒屋か

大宮駅の西口を出て歩くこと7分程、オフィス街から住宅街に街が変わる境界にカリカキッチンはあります。看板にはオリジナルインド料理の文字が、グーグルマップにはインド風居酒屋の文字が店名とともに記されています。たしかに厨房前にはアルコール類が並べられており、夜はおつまみも充実しているようです。

見よ、この絶妙な目玉焼きの焼き加減を。

ガパオライスを食す

ランチタイムはガパオライスセットかグリーンカレーセットがお店のおすすめのようです。カリカキッチンのナンは、ほのかに甘味があっておいしいのでグリーンカレーも捨てがたいのですが、インド料理店にしてタイ料理であるガパオライスのレベルが高く、つい注文してしまいます。少し戻りますが、インド料理店によく見られる特大のナンは日本ならではのものとか。ゴージャスに見せたいということで始まったそうです。

ガパオライスは一般的に鶏ひき肉、玉ねぎ、ピーマン、バジルを甘辛く炒めたものをライスとともに食べる料理で、目玉焼きがトッピングされています。カリカキッチンのガパオライスは素直な味付けで甘辛く、ご飯がよく進みます。辛味もしっかり感じます。ご飯はインディカ米とジャポニカ米のミックスでしょうか。1993年の米騒動でインディカ米が輸入されたときは酷評されていた印象ですが、汁気の多い料理と食べると大変美味しいですね。

ガパオライスセットはガパオライスに小さなグリーンカレー、そしてサラダやドリンクがついて920円とお値打ちです。インド料理店のサラダに掛かっているオレンジ色のドレッシング、なんだか美味しいんですよね。

ご飯はこんもりお茶碗型。ガパオも同じくらいの高さでボリューミー!ご飯お代わり自由。
グリーンカレーはココナッツのクリーミーさがすごい。そして辛い!

メニュー

(一部抜粋)

  • ワンカレーセット    820円〜950円
  • (チキン、マトン、野菜、シーフード、キーマ、
  •  チキンほうれん草、海老、ポーク、本日のカレー等)
  • レディースカレーセット 1,050円
  • スペシャルセット    1,200円
  • バターチキンセット   1,050円
  • お子様セット      650円
  • ガパオライスセット   920円
  • グリーンカレーセット  930円
店内には富士山のように見える壁画が。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   カリカキッチン
  • アクセス 大宮駅から徒歩7分
  • 住所   埼玉県さいたま市大宮区桜木町4丁目209
  • 電話   048-729-7217
  • 営業時間 11時00分〜15時00分
  •      17時00分〜23時00分
  • 定休日  不定休
カテゴリー
美味しいこと

池袋アウトバックステーキハウスに行く

ステーキが好きです。ある日、祖母が言いました。「ステーキは自分で切って食べるからいいのよ。」

オーストラリア風ステーキレストラン

アウトバックステーキハウスは1988年アメリカはフロリダ州にて創業したオーストラリアをモチーフにしたステーキレストランです。オーストラリア発祥ではないんですね。日本では2000年に南町田グランベリーモール(2017年閉店)に第1号店を開店し、現在では渋谷、品川、池袋、海老名、幕張店等、首都圏を中心に店舗展開をしています。

私が初めてアウトバックを訪れたのは2000年、まだ小学生の頃でした。当時の印象は硬いステーキと玉ねぎフライ(ブルーミン・オニオン)の店!小学生には赤身肉の美味さは分かりませんでした。当時、美味い肉といえば赤身肉よりも、よくサシの入った和牛がお気に入りでした。贅沢な小学生です。ブルーミー・オニオンは玉ねぎに特殊なカットを施し、衣をつけてフライにした、お花のような形のアレです。

しばらく時間が経ち、赤身肉の美味さが私の中で認知されるようになり、南町田のアウトバックには頻繁に通っていました。閉店してからは疎遠でしたが、この頃は池袋のアウトバックによく行きます。

池袋店のインテリアはクラシック・カジュアルといった雰囲気で、少々照度を落とした照明、木目をふんだんに取り入れた内装、高い天井、スポーツ映像が流れる大型モニタが特徴的です。非常に広々としており、キャパシティがあります。

見よ、この美しい赤身肉を。

自家製プライムリブを食す

いつもは赤みをシンプルに楽しめるアウトバック・スペシャルを食べますが、この日は自家製プライムリブセット350gカットを注文。「プライムリブとは、時間をかけて丁寧に焼き上げた厚切りのローストビーフ。柔らかくジューシーで肉の本来の味を楽しめる逸品です。」とのこと。週末・祝日ディナータイムの限定商品です。焼き加減がレアかミディアムレアから選べるとのことで、レアを選択。説明書き通り、ジューシーで肉の本来の味を堪能することができました。

セットのシーザーサラダは大きなクルトンがサクサクしており美味しい。

サイドアイテムは選択肢があり、バターライス、コールスロー、温野菜、マッシュポテト、フライドポテト、ベクドポテト(+80円)から2種類を選択。じゃがいも大好きな私はマッシュポテトとフライドポテトを選択。さらにカップスープ、ハウスサラダ、シーザーサラダからも1品選ぶことができます。

サービスとしてお肉の前に供されるハニーブレッド。おかわりできますが、美味しいので食べ過ぎ注意。
ベビーバックリブはフランス産の豚肉を使用。とても柔らかく骨から簡単にほぐれる。

メニュー

(一部抜粋)

  • 自家製プライムリブ・セット  250g 4,356円
  •                350g 5,522円
  •                450g 6,743円
  • アウトバック・スペシャル   150g 2,970円
  •                300g 4,059円
  • ベビーバックリブ          2,948円
  • ブルーミン・オニオン        1,628円
エントランスの様子。左に進むと天井の高い大空間が。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   アウトバックステーキハウス 池袋店
  • アクセス 池袋駅から徒歩1分
  • 住所   東京都豊島区東池袋1-41-4 池袋とうきゅう7F
  • 電話   03-5928-1391
  • 営業時間 17時00分〜22時00分(平日)
  •      12時00分〜22時00分(土・日・祝)
  • 定休日  12/31、1/1
カテゴリー
美味しいこと

与野RAKUに行く

中華料理が好きです。特に麻婆豆腐と牛バラあんかけご飯。麻婆豆腐はよく炒められたお肉、そして香辛料の香りに食欲がやられます。

見よ、この美しい麻婆豆腐を。

カフェ中華

JR京浜東北線与野駅から徒歩1分程。東口を出てすぐの飲食店ビルの2階にRAKUはあります。1階にも中華料理店がありますが、細い直階段を上がった2階の右側がRAKUの区画です。

店内に入ると、左側に厨房があり、右側に客席があります。厨房ではスラっとした店主が1人で鍋を振っています。客席では店主と同年代と思しき女性が1人。親切な対応でお店には優しい雰囲気が漂います。

インテリアは壁に木材を貼ったり、スポットライトや電球をシーリングから垂らしてライティングをしたりとカフェのような雰囲気です。

夜営業がメインのお店ですが、土曜日、日曜日、祝日は昼営業をしています。

ランチの四川麻婆豆腐セット。ご飯、スープ、ザーサイに点心やデザートもつく。

四川麻婆豆腐セットを食す

土曜日、日曜日、祝日はランチセットの提供があり、主菜にはいくつか種類があります。四川麻婆豆腐、チンジャオロース、鶏肉と野菜の黒酢あん等に加えて担々麺もラインナップされています。

四川麻婆豆腐のセットは私のお気に入りです。ゴロゴロとした挽きすぎていないお肉、これが香辛料とともによく炒められ、とてつもなく美味いのです。甘味、塩味も絶妙。辛味も感じますが、強くはないです。健康を考慮して控えますが、黒米入りのご飯が無限に進みそうです。(大盛りやおかわり可能)

赤坂四川飯店、陳麻婆豆腐赤坂店と並んで麻婆豆腐のビッグ3だと思っています。

セットの点心。種類は日によって異なる。これがまた美味しい。
セットのデザート。この日は杏仁豆腐。ココナッツ風味で濃厚。愛玉子の日も。

メニュー

チンジャオロースもおすすめです。週替わりは早めに行かないと売り切れてしまいます。

(一部抜粋)

  • 週替わりメニュー限定5食  950円
  • 海老と卵のチリソース   1,000円
  • チンジャオロース      950円
  • 鶏肉と野菜の黒酢あん    950円
  • 四川麻婆豆腐        950円
  • ユーリンチ         850円
  • 特製 担々麺         930円
  • クリーミー豆乳担々麺    950円
鶏肉と黒酢の野菜あんも美味しい。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   中華料理 RAKU
  • アクセス 与野駅から徒歩1分
  • 住所   埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-3-32 松本ビル 2F
  • 電話   048-823-8282
  • 営業時間 11時30分〜14時30分(土・日・祝)
  •      17時00分〜22時00分(土・日・祝)
  •      17時30分〜23時00分(平日)
  • 定休日  火曜日
カテゴリー
美味しいこと

丸の内デリツィオーゾフィレンツェに行く

イタリアンが好きです。ガーリックとオリーブオイルの香りが漂うと、もう食欲が止まりません。

昼から飲む白いワインは一弾と美味い。

美味しいフィレンツェ

東京駅から徒歩2分程度、新丸ビルの5階にデリツィオーゾフィレンツェはあります。イタリア語のデリツィオーゾ=美味しいという意味だそうです。

飲食店が集うフロアにあり、和食が美味しい酢重ダイニングのお隣です。入口の間口は広くはなく、無窓でビルの外の景色は見えません。本場の食堂のような雰囲気で、つい東京駅前にいることを忘れてしまいます。

私の中でイタリアンのランチというと、目黒のトラットリアダルビルバンテジョコンドが思い浮かびます。1,000円少々で本格的なイタリアンが食べられます。特に羊の乳のチーズで作ったチーズ、ペコリーノロマーノを使ったパスタ、カーチョエペペは大好物です。残念ながらコロナが蔓延してからランチはお休みしているようです。

デリツィオーゾフィレンツェもまた、2,200円で前菜、パン、メイン、ドルチェ、ドリンクを頂ける魅力的なお店です。

セットの前菜は複数から選べるが、盛り合わせがおすすめ。その季節の野菜が使われる。
自家製のパンはオリーブオイルとともに。
ランチセットのラザニアは限定10食。

ラザニアを食す

メインも前菜と同様に複数から選ぶことができます。私のお気に入りはラザーニャです。お皿ごとオーブンに入れて仕上げているためアツアツ。オイルがグラタン皿の中でシュワシュワしています。非常にクリーミーで濃厚な味わい。ラグーソースにはお肉がゴロゴロ入っています。

デザートは時期によって様々。変化があって楽しい。

メニュー

Pranzoランチセット(2,200円)のメニューを記します

  • 季節の前菜5種の盛り合わせ
  • パルマ産生ハムのサラダ
  • 色々魚介マリネのサラダ仕立て
  • Pizzaマルゲリータ
  • Pizzaシチリアーナ
  • Pizza4フォルマッジ
  • Pizzaコンタディーナ(プラス500円)
  • 生ウニのトマトクリームソース、スパゲッティ(プラス300円)
  • フルーツトマトとフレッシュバジルのトマトソース、スパゲッティ
  • 【数量限定】渡り蟹とトマトクリームソース、リングイネ
  • 【数量限定】生パスタとラグーソースのオーブン焼き、自家製ラザニア
  • スパークリングワイン
  • 生ビール
  • 白ワイン
  • 赤ワイン
  • コーヒー
  • エスプレッソ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • アールグレイ
  • ミントティ
  • カモミールティ
  • ブラッドオレンジジュース
  • アイスピーチティ
  • 本日のドルチェ
本場の食堂のような雰囲気。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   DELIZIOSO FIRENZE(デリツィオーゾ フィレンツェ)新丸ビル
  • アクセス 東京駅から徒歩2分
  • 住所   東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5F
  • 電話番号 03-3211-8055
  • 営業時間 11:00~15:30
  • 定休日  月曜日、火曜日不定休(新丸ビルに準ずる)
カテゴリー
美味しいこと

神田とんかつやまいちに行く

とんかつが好きです。豚の脂の甘み、サクサクとした衣の食感。食せばたちまちパワーが回復します。最近はヒレカツ派です。

見よ、このプルプルの卵を。

かつ丼で名を馳せる名店

JR中央線、山手線、京浜東北線の神田駅から徒歩7分程度、東京メトロ丸ノ内線の淡路町駅から徒歩1分程度。こじんまりとしたビルの1階に「とんかつやまいち」はあります。

お店の入り口が少しセットバックしているので、注意して歩かないと気づかず通り過ぎてしまうかもしれません。私が訪問したときは女将さんと若い女性でお店を運営されていました。平姓19年創業。店内には食欲をそそるごま油の香りが漂います。12席程度の小さなお店で、タイミングによっては少し待つことになります。

私が通うフレンチバルのグルメな常連さんから、かつ丼が美味しいと紹介していただいたお店です。ネットで調べると、やはりかつ丼推しの方が多いようです。

かつ丼定食を食す

かつ丼が美味しいと言われて、食べないわけにはいきません。

提供されたかつ丼を見てみると、卵の半熟感が絶妙です。そして口に含むと、ごま油の香りが広がり、良い塩梅の割下でご飯が急速に進みます。衣はサクサク感が残っていて、ベチャッとした感じはありません。脂身も適度に残されていて、噛みしめると豚肉の甘みが広がります。玉ねぎは少なめ、存在感を感じません。

キャベツは別皿で提供され、お新香やなめこ入りの味噌汁もつきます。とんかつ屋さんで食べるお新香はなぜかとても美味しく感じるものです。

食べ終えて店を後にする頃には、美味しさの余韻でとても幸せな気分に浸りました。取り調べ室でやまいちのかつ丼が出されたら、なんでも白状してしまうことでしょう。

肉質は柔らかく、適度に脂が残る。

メニュー

かつ丼以外のメニューも充実しています。

(一部抜粋)

  • 特ヒレ定食    2,300円
  • 特ロース定食   2,200円
  • ヒレ定食     1,700円
  • ロース定食    1,600円
  • かつ丼      1,750円
  • ヒレ丼      1,850円
  • エビフライ    1,600円
  • 串カツ      1,400円
お店を通り過ぎないように要注意。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   とんかつ やまいち
  • アクセス 神田駅から徒歩7分 淡路町駅から徒歩1分
  • 住所   東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F
  • 電話番号 03-3253-3335
  • 営業時間 11:00〜13:50
  • 定休日  月曜日・日曜日・祝日
カテゴリー
美味しいこと

大井町丸八とんかつ店に行く

とんかつが好きです。豚の脂の甘み、サクサクとした衣の食感。食せばたちまちパワーが回復します。最近はヒレカツ派です。

見よ、この黄金色の衣を。

古き良きとんかつ屋

JR京浜東北線、東急大井町線、臨海高速鉄道りんかい線大井町駅から徒歩3分程。商店街の並びに「丸八とんかつ店」はあります。

外観は木のルーバー、とんかつと書かれた暖簾が下がっています。中に入るとカウンターの中で旦那さんが一心不乱にとんかつを上げているのが見えます。そして女将さんが美しい声で「いらっしゃいませ」。昭和30年創業。店内には豚肉を叩く音、揚げ油が跳ねる音が響きます。1階はカウンター席、2階にはお座敷もあり、常連さんやスーツ姿のお客さんで賑わっているものの、お店の外に長い列を作って待つようなことはありません。古き良きとんかつ屋です。

ヒレカツ定食(2,000円)。キャベツのお新香もつく。

ヒレカツ定食を食す

ヒレカツ定食は私のお気に入りです。柔らかな肉質、しっとりした仕上がり、特筆すべきはよく揚がった黄金色のサクサクした衣です。美味い、美味すぎる。

断面を見てみると、片側にだけ分厚い卵の層があります。パン粉を付けた後、片側を卵に浸して、再度パン粉を付けておられました。これによってしっとり感やほのかな甘みが得られるのでしょうか。

ヒレカツには他のとんかつと違ってソースが敷かれています。ほのかに甘みがあってよく合うのです。付け合せはキャベツのお新香と豚汁。豚汁はギトギトした感じではなく、大振りにカットされた根菜類が入っています。これがまた美味しいのです。

片側のみ分厚い卵の層がある。

きめ細やかなサービス

私は飲食店に過剰なサービスは求めません。ストレスを当て付けてくるような対応でない限り、味さえ良ければ構わないと思っています。

ただし、丸八のサービスは素晴らしいと言いたいです。お茶がなくなったら、すぐに気づいて「お茶を足しましょうか」、ご飯がなくなると「おかわりはいかがですか」、言葉では表現し切れないのですが、節々に思いやりを感じます。

大女将さんに会計してもらい、店を後にしました。何度でも行きたいお店です。

メニュー

メニューはとんかつに限らず幅広いラインナップです。

(一部抜粋)

  • ヒレカツ定食    2,000円
  • 上ロースカツ定食  1,700円
  • サービス並カツ定食 1,200円
  • エビフライ     1,250円
  • ポークソテー    1,250円
  • ハンバーグ      900円
  • ハムサラダ      950円
手書きのポップに良い店感が漂う。

店舗情報

営業時間や定休日は念のため別途ご確認ください。

  • 名称   丸八とんかつ店 本店
  • アクセス 大井町駅から徒歩3分
  • 住所   東京都品川区東大井5-4-10
  • 電話   03-3471-2681
  • 営業時間 11:30〜21:30
  • 定休日  月曜日
カテゴリー
車のこと

29歳会社員、新車のベンツを買う

納車間もないC220d。色はダイヤモンドシルバー。

はじめに

皆さんはどんな車に憧れを抱きますか?クーペのスポーツカー、SUV、ミニバン、あるいはFIAT500(チンクエチェント)のような可愛らしい車でしょうか。

29歳のとき、私はMercedesBenzに強い憧れを抱いて、結果的にCクラスのステーションワゴンC220d(W205204)の新車を手に入れることになりました。

この記事では以前の車の売却のこと、価格交渉のことや、支払いの方法などについて記します。

マツダ・アクセラを売却する

42,000km乗ったアクセラハイブリッド。飛び石で塗装も少し荒れていた。

社会人になった25歳の秋、発売されて間もないマツダのアクセラハイブリッド(DAA-BYEFP)を購入して乗り回していました。概ね満足していましたが、次第に自動ブレーキなどのレーダーセーフティ機能が充実した車が台頭するようになってきました(アクセラハイブリッドにはこの設定がありませんでした)。このまま今の車に乗っていては、売却するときに価値が低くなってしまうのではないかと考えて、ひとまず売却することにしました。

最初にネットで簡易査定を申し込んで相場を掴んだあと、1件目に大手中古車買取店の実店舗で査定。さらに2件目にビッグモーターの実店舗で査定。当時、ビッグモーターなら高値で買い取ってもらえるだろうという漠然としたイメージがあって、後に行ったのだと思います。

ビッグモーターではハキハキとした店長が対応してくれて、「売値がこうで、店舗の経費がこうで、会社の利益がこうで、だから買取価格はこうなんです」とロジカルに説明。その場で売却を決めました。総支払額281万円で購入した車でしたが、走行距離42,000キロ、126万円で売却できました。

ちなみに1店舗目の査定額は97万円でしたので、29万円も得することができました(損せずに済みました)。こういうことがある度に、比較することがいかに大切か、改めて感じます。

ちなみに後日ビッグモーターのウェブサイトで確認したところ、私が売却した車は167万円で売られていました。25%が粗利ということですね。グーネットの記事によれば、「一般的に販売価格から利益率10%〜20%程度を引くと大まかな中古車の原価になると言われている。」とのことなので、もう少し高く買い取ってもらえる余地があったのかもしれません。

さて次の車はどうしようか

AudiA4に試乗したときの写真。当時、デジタルコックピットは衝撃的だった。

節約のために車を所有しない考えもよぎりましたが、ちょっといいいクルマに乗ってみたいという願望が捨てきれず、新しい車を探すことにしました。MercedesBenz、Audi、BMW、VolksWagenのショールームを見て回って、最終的にMercedesBenzのCクラス ステーションワゴンC220d(W205204)に決めました。決め手は次の通りです。

  • 高級車の代名詞メルセデスベンツ
  • 広いラゲッジスペース
  • 伸びやかなエクステリアデザイン
  • 外車らしさや高級感のあるインテリア
  • ディーゼルならではの強いトルク感と高燃費
  • ローレウスエディションのお得感
  • 充実した安全装備

ローレウスエディションはフェイスリフトやフルモデルチェンジ前に販売されるお得な特別仕様車で、私が買ったときはAMGエクステリアやパノラミックスライディングルーフが標準装備となっていました。

買うと決めたら価格交渉だ

いざ買うと決めたら価格交渉です。高額な車なので、一般的な国産車と比較して大きな値引きが見込めます。次の方針で臨みました。

  • 魅力的な車なので手に入れたいという気持ちを示す
  • 決算月(3月、9月)納車を目指して大きな値引きを引き出す
  • 別の系列の店舗で相見積もりして比較する

ディーラーの営業担当者も買わないお客さんに時間は割きませんので、魅力的な車なので手に入れたいという気持ちを繰り返し言葉で伝えることにしました。絶対に欲しい、でも予算は限られている、なんとか協力していただきたいというスタンスです。

大きな値引きが期待できる決算月(3月、9月)の納車を目指して交渉を進めることにしました。大事なのは契約が決算月ということではなく、納車が決算月であるということです。ディーラーは納車して売上が立ちます。

別の系列の店舗で相見積もりをすることにしました。同じメルセデスベンツの看板を掲げているディーラーであっても、店舗によってその運営元が異なります。最も大きな運営元はヤナセですが、他にシュテルンという言葉を冠する会社が運営しているディーラーが多数あります。例えばシュテルン品川やシュテルン横浜東などがありますが、同じシュテルンという言葉を冠していても、資本関係があるわけではありません。別の会社なのです。別の系列の店舗に競わせることで、大きな値引きを引き出そうと考えました。

価格交渉の結果

価格交渉の末、次のような結果となりました。

  • 車両本体価格  6,190,000円
  • 車両値引き   -1,000,000円
  • その他含め合計 6,000,000円

当初の見積もりは650万円でしたが、オプションや諸費用を含め最終的には600万円で契約することが出来ました。100万円の値引き額を提示していただきました。

方針に掲げた「別の系列の店舗で相見積もりして比較する」は営業担当者から「例えばAudiA4やBMW3シリーズとMercedesBenzCクラスの見積もりを並べてご検討いただくことはありますが、MercedesBenz同士は正直なところ厳しいです。」とお話をいただいてしまいました。普段はとても紳士的な営業担当者ですが、語気が少し強くなっていたので申し訳なかったなと思います。MercedesBenzのCクラス ステーションワゴン(C220d)を買うことは決めていたので、つい真剣になってしまいました。

支払いの方法

頭金として100万円を振り込み、残りの500万円をキャンペーン金利1.9%のメルセデス・ベンツ・ファイナンスのウェルカムプランを利用することにしました。

  • 支払回数   37回
  • 毎月     30,000円
  • ボーナス加算 270,000円
  • 最終回    2,500,000円

当時は他に借り入れがなく、年収も800万円程度でしたが、保証人は不要で、審査も滞りなく通りました。

納車

納車当日の帰り道に撮った写真。テカテカ。

在庫があった車でしたので、注文から1ヶ月程度で納車となりました。待っている間は、早くこないかなと子供のようにワクワクしていました。

納車当日は営業担当者が同席しながら、専門のスタッフが各種機能の使い方を丁寧に説明してくれました。またプレゼントとして生ケーキ、焼き菓子、額縁に入った記念写真をいただきました。この辺は店舗によって工夫しているのだと思います。

帰り道はベンツを手に入れたという高揚感で満ちていました。

C220dで那須へ旅行したときの写真。林の中の駐車場でも映える。
ブラックとシルバーで統一されたインテリア。本物の木目パネルがお上品。
カテゴリー
自己紹介

Nice to meet you!

はじめまして、こんにちは。hippo(ヒッポー)といいます。30代男性、首都圏在住、一級建築士、かばが好きです。

趣味は美味しいものを食べること、旅行に出掛けること、ドライブに行くことです。

日々の出来事や関心事について記事を書いています。私が発信する情報が、皆さんのお役に立つことがあれば嬉しく思います。